ソウル(麻浦区)

Y Hotelは快適な環境を維持するために熱交換器システムを24時間稼動させて内部の空気を循環しています。また、先端軟水器システムで人工海水浴も楽しむことができます。3DTVでいつでも無料映画を鑑賞することができ、ロビーにはコーヒーとトースト、アイスクリームなど軽食が準備されています。予約客には無料で朝食サービスを提供しています。ソウルメトロ2号線「新村(シンチョン)駅」から徒歩約3分のところにあるのでアクセスも便利です。


ソウル(中区) , 明洞

ソウル特別市中区仁峴洞(イニョンドン/インヒョンドン)にあるタルコムゲストハウスは、さまざまなタイプの客室があるゲストハウス。 近くには明洞や東大門などショッピング特区があり、週末になると大邱、釜山、済州などからやって来る韓国国内からの観光客が多く、平日は中国、タイ、フィリピン、マレーシア、シンガポールなど海外からの旅行客も数多く宿泊します。 4階建てで全19室あり、客室ごとにトイレも完備しています。この他、共用でアイロンもありご利用いただけます。 共用キッチンでは簡単な調理ができます。 特に自販機が外のテラスにあり、カップラーメンや飲み物などちょっとした食事も可能です。 ゲストハウスには外国人従業員も勤務しており、親身になって外国人観光客の皆様のご要望にお答えしています。


全羅北道(鎮安郡 )

美しい自然環境と健康にいい食べ物が豊かな鎮安(チナン)郡に位置する『鎮安パーク』は、優秀な山林と自然での癒しの旅ができる所だ。客室内部にヒノキが使用されており、ヒノキのほのかな香りが心身を癒してくれる。地下には銭湯があって宿泊客は無料で利用できる。最高の休養のひと時が期待できる所だ。『鎮安パーク』では家族連れの旅行客やカップルなどが幸せな思い出を作れるよう真心を込めてもてなしている。周辺観光地には季節によって名前が異なる馬耳山(マイサン)と人間が作った最高の傑作と言える馬耳山の石の塔がある。


忠清南道(錦山郡 )

忠清南道・錦山(クムサン)郡の『錦山韓方スパ&HOTEL 休(ヒュ)』は、錦山の高麗人参と薬草の健康な気運を五感で体験できるよう、旅行客の健康と体質に合わせた薬草スパ、薬禅食、伝統茶などのヘルシーなプログラムを用意している。子供達と一緒に参加できるキッズクラブや簡単なおやつが食べられるスナックバー、健康作りに役立つフィットネスセンターなど多彩な付帯施設も訪問客の便宜のために用意されている。ホテルのすぐ前には高麗人参直販場と水参市場があってショッピングにも便利。


EL
江原道(襄陽郡)

江原道襄陽の釘岩海辺の近くに位置しているため眺めが良いホテル。アイボリー色の外観をもつ当ホテルは「オーシャンビュー」で有名る。海外休養先のリゾートに来ているかのように、窓の方に視線を向けるだけでエメラルド色の東海に出会えるからだ。客室は窓越しの景色でマウンテンまたはオーシャンビューに分かれるが、オーシャンビュー客室の人気が高い。 全室にベッドがあり、白黒の壁と真っ白な寝具がきれいな印象を与える。客室のサイズ、眺め、ベッド構成などにより7種類に分類される。2人が宿泊できるスタンダードダブルから4人に適したローヤルスイート、プレミアスイート、ファミリースイートにいたるまで人数に合わせて多様な客室が選択できる。とくにプレミアスイートとファミリースイートには広いリビングがついているので、さらにゆったりと過ごせる。 7階のループトップラウンジにあるファーストフロア(First Floor)レストランは、ホテルでは欠かせない名所。視野を遮るものがなく開けたラウンジからは東海を眺めながら食事を楽しむことができる。朝には朝食場所となり、夕方にはバーベキューセットとビールを提供するパブに変身する。宿からは洛山寺、洛山海水浴場、束草大浦港など襄陽と束草を代表する旅行先へのアクセスも便利。


忠清北道(清州市 )

忠淸北道淸州市淸原区内秀邑の椒井文化公園にある椒井行宮では、韓屋宿泊体験ができる。椒井行宮は、1444年に世宗大王が目の病気を治療するために椒井里を訪問し、100日以上泊まっていた行宮である。1448年に火事で焼失したものを2020年6月に復元し、韓屋文化体験施設として活用している。行宮内には展示館、読書堂、足湯体験、椒井鉱泉水試飲など、多様な体験ができる。宿泊が可能な韓屋体験館には世宗館、昭憲館、訓民館、正音館など、12客室がある。4人部屋(最大6人)が10室、6人部屋(最大8人)が2室ある。客室の構造は少しずつ異なるが、基本的にオンドル部屋で、ヌマル(縁側)などが付いているなど、それぞれ個性がある。トイレ兼シャワー室が室内にあるため、便利である。客室の内部で自炊はできないが、電子レンジや電気ケトルなどがあり、レトルト食品やテイクアウト料理などを食べることはできる。清州市民は割引された料金で利用できる。


全羅北道(全州市 )

全州韓屋村とは少し違う雰囲気で韓屋の浪漫と趣を生かした韓屋ホテルである。伝統と芸術の都市である全州と朝鮮の歴史を愛する心を込めて「王の至密」という名前を付けた。「王の寝室」という意味のホテルは、約1万9840㎡(約6000坪)の敷地に11棟の韓屋客室、韓屋レストランなど、15棟の建物が並んでいる。宿には朝鮮王朝の歴代王の名前(廟号)を付けた。正祖館は、6つの客室で構成されている。 現代式施設の客室は、大人から子供までリラックスして泊まれるように設計された。特に、6人まで泊まれる正二品の金室と銀室は、家族単位の宿泊客に高く評価されている。韓屋の趣と現代式施設の便利さが共存する部屋は、天井の垂木など木をたくさん使っているため、木の香りがする。 ホテル内には150台規模の駐車場があり、韓屋カフェや大長今ホール、師任堂ホール、忠武公ホール、訓民正音ホールからなるコンベンションセンターなどもある。特に、韓屋レストランである三太極と三足烏は、全州市が指定した新型コロナウイルスに対する「安心食堂」である。ホテルから全州韓屋村までは車で7分かかる。


全羅北道(全州市 )

全州韓屋村の近くにある韓屋ホテルである。約1万9840㎡(約6000坪)の敷地に11棟の宿と多様なサービス施設が集まっている。軒を重ねて立ち並んでいる現代式の韓屋は、自然と調和を成し、ぐっすり眠れる環境を提供する。王の至密というホテルの名前は、「王の寝室」という意味である。11棟の宿には朝鮮王朝の歴代王の名前(廟号)を付けた。 その中で純宗館には総6つの客室がある。客室は金室と銀室の2タイプで、正二品、正三品、正五品で分けられる。金室は2階、銀室は1階にある。客室の内部は韓屋の構造と現代式の施設が調和を成している。天井の垂木から木の香りがする部屋には大きい窓があり、外の風景が一目で見渡せる。 朝食を提供する三太極レストラン、昼食と夕食の時間帯に利用できる三足烏韓食レストランは、全州市が指定した新型コロナウイルスに対する「安心食堂」である。他に、韓屋カフェのあるコンベンションセンターなど多様なサービス施設もある。全州を代表するほとんどの観光地まで車で10分と、アクセスが良い。


全羅北道(全州市 )

SEOROは全州韓屋村の中にある伝統韓屋ゲストハウスだ。松の木と黄土で誠意を尽くして建てた韓屋は、つやつやと光沢が出るほど管理が行き届いていて、全州韓屋村の中央に位置するのでいろんな所を見て回るのに便利だ。通常の韓屋ゲストハウスとは異なり、規模がかなり大きい方だ。母屋とアンチェが一つの垣根の内側に集まっている。SEOROのオンドル客室は全部で10室だ カップルの旅行客が泊れる可愛らしいサイズの2人用客室は全部で7室が用意されている。客室にはミニ冷蔵庫とテレビが設置されており、個別のバストイレが付いている。客室ごとに小さな縁側と障子紙を張った窓があるので、韓屋の趣を充分感じられる。特に自由室と真理室は階段があるメゾネットタイプの独特な作りだ。一般的なメゾネット構造と言うよりは、屋根裏部屋に登るような感覚で、人気が高い。アンチェはリビングと2つの部屋がある構造で、冷蔵庫、クッキングヒーター、調理用具などが備えられているので、料理して食べることができる。アンチェにも階段で上がれる屋根裏部屋のようなスペースがあり、浴槽付きのバストイレもある。旅行の疲れを解してくれるマッサージチェアも設置されている。韓屋の合間の芝生庭を散歩したり、縁側に座ってSEOROの韓屋風景を楽しみながら時間を過ごすこともできる。 SEOROは全州韓屋村の中央に位置する。殿洞カトリック教会、慶基殿、梧木台と梨木台、全州郷校(儒教教育機関)が目と鼻の先で、少し歩けば滋満壁画村と豊南門、寒碧堂までも観光できる。


全羅北道(全州市 )

サランガドゥク(愛いっぱい)は1900年に建てられた伝統韓屋を改装して宿として提供している。縁側、垂木、軒などから上品な韓屋の粋が感じられる。 L字型の韓屋、サランガドゥクには、6つのオンドル型の客室、さくらんぼ(Aengdu Room)、ユリ(Baekhap Room)、ザクロ(Seokryu Room)、モクレン(Mokryeon Room)、ツツジ(Jindalrae Room)、バラ(Jangmi Room)の部屋が用意されている。客室は広い方で、内部の仕上げにヒノキを使っているので、かすかに木の香りが漂う。全客室は基準人数が2名だ。客室ごとに大きさやインテリアが少しずつ異なる。カップルの場合は、さくらんぼとバラの部屋がおすすめで、団体ならツツジの部屋が大きいのでおすすめだ。各客室にはシャワーが可能なバストイレが付いている。基本的に提供される寝具は、高級な韓国式寝具で、きれいに管理されている。客室の中に調理ができる施設はないが、客室の前の縁側に浄水器、電子レンジをはじめ、コーヒーやお茶が用意されている。宿泊客なら誰でも利用できる。焼きたてのトーストと旬の果物、コーヒーなどの朝食が提供される。共用の縁側で決められた時間内なら自由に利用できる。小さな池と松の木が合わさった庭も造られている。縁側から眺める風景が絶品だ。 サランガドゥクは全州韓屋村の中にある。殿洞カトリック教会、慶基殿、崔明姫(チェ・ミョンヒ)文学館、滋満壁画村、全州木版書画館、完板本文化館などを見て回るのに最適だ。宿泊客に限り、提携店の韓服体験割引と電動スクーターのレンタル、手作りチョコパイ体験などの割引サービスを提供する。