更新:2016-04-12 23:56:02

国立全州博物館 국립전주박물관

  • +82-63-223-5651~2
  • museum.go.kr
全羅北道 全州市 完山区

国立全州博物館(クンニプ・チョンジュバンムルグァン)は全羅北道地域の文化遺産を研究、保存し展示している博物館。主に全北地域で見つかった先史時代と馬韓・百済時代の遺物約24,000点を保有し、他にも仏教美術品、陶磁器、金属工芸品、民俗資料なども豊富です。その中で1,100点余りの資料は常設展示室で見ることができるようになっています。博物館1階には考古室と企画展示室があり、2階には美術室と民俗室があり、農耕、食生活、民俗芸能などを主題に分けられたテーマ展示や民俗生活を立体的に復元した展示などがみどころとなっています。

利用情報

・お問い合わせ : 国立全州博物館:+82-63-223-5651~2

・休みの日 : O

・入場料 : 無料
※ 特別企画展示に関しては有料で運営されることもあります。

・利用時間 : 平日 09:00~18:00 (入場は17:00まで)
※ 土・日/祝日 1時間ずつ延長
※ 3~10月は毎週土曜日に夜間開放월 (21:00まで)

・規模 : * 敷地面積 : 64,808㎡
* 建物延べ面積 : 13,269㎡ (9棟)

・観覧所要時間 : 約1時間

所蔵品現況

6,502点 (金属 1,227点、玉石 812点、陶土 4,005点、木竹草漆 209点、骨角貝 8点、皮毛紙織 16点、書画拓本 212点、武器 13点)

予約関連事項

交通

全羅北道 全州市 完山区


クチコミ(0)

周辺情報

全州歴史博物館

全羅北道 >

2002年全州(チョンジュ)に開館した全州歴史博物館(チョンジュ・ヨクサパンムルグァン)では韓国の近現代史について知ることができます。常設展示室と企画展示室があり、常設第1展示室では東学農民運動(1984年農民が平

303m

全州映画総合撮影所

全羅北道 >

全州映画総合撮影所は、5万6,900㎡にも及ぶ敷地内に地下1階、地上2階建ての規模の室内スタジオと野外セット場があります。セット製作室やスタッフルーム、更衣室、美術/小道具室、休憩室などの付帯施設も備えられてい

1987m