江原道(束草市) , 束草・雪岳山

真冬でも大地が凍らず、草木はみどりで水たまりからは湯気が立ち上っていたという村、蘆鶴洞。この町の中心に、尺山(チョクサン)温泉の発祥となった尺山温泉休養村があります。初めは10坪ほどの小さな温泉風呂から始まりましたが、1985年に現在の場所に建物を新築し、尺山温泉休養村と名を変えて、雪岳山の代表的な温泉地となりました。尺山温泉は、湧出温度が53度ほどの天然温泉です。源泉は加熱する必要がなく、源泉の成分がそのまま温泉風呂に引かれています。ラドンとフッ素が含まれるアルカリ性温泉で、やや青みがかっており、老廃物の除去と皮膚病に効果があるとされています。温泉風呂の他にも伝統汗蒸幕や展望休憩所などの施設が併設されており、家族温泉風呂もあります。客室はオンドル客室と洋室のどちらも用意されています。野外に設けられている散策路も外せない名所です。樹齢300年ほどの松の木約3,000株がびっしりと植えられており、温泉の後に森林浴が楽しめます。


釜山広域市(金井区)

釜山金井(クムジョン)区の久瑞洞(クソドン)に位置するフレンチコードホテルは、釜山地下鉄1号線の久瑞(クソ)駅と梵魚寺(ポモサ)の近くに位置しており、アクセスに便利なホテルです。釜山の中心である西面(ソミョン)に位置しており、市内どこでも気軽に移動することが可能でありながら、広々とした駐車スペースが設けられているので、お車でお越しのお客様も快適にご利用いただけます。 最近改装された建物は、すっきりとして洗練されたインテリアで人気を集めており、客室にはスタイラーが完備されているのでビジネスのお客様にも最適です。1階には、コーヒーマシーンとDVDも用意されているので、自由に映画やコーヒーをお楽しみいただけます。


済州道(西帰浦市)

酔茶禅(チィダソン)リゾートはお茶と瞑想を通じたこころの安らぎを提供すべく誕生したリゾートです。


仁川(西区)

「玉皇上帝が住む宮」という意味の紫微宮は、仁川元当洞にある韓屋ステイである。木の香りと土のにおいがする建物のあちこちから大工の息吹が感じられる。約1年6ヶ月間木を削って乾燥する過程を経て作った建物の内部は、潭陽の竹と黄土で作って韓紙を貼った。文化財の改修に使われる高霊の瓦を載せた垣根からも職人の腕のよさがうかがえる。客室はカオン、ミル、ラオン、タソム、ハヌルと6室で、定員は2人部屋から15人部屋まで用意されている。障子紙が貼られた引き戸、伝統古家具や陶磁器、韓国画などの小物が古風な雰囲気を演出する。庭に並んでいる甕置き台と家庭菜園、葉の茂った木と季節ごとに咲く多彩な野花が韓屋の趣を感じさせる。サービス施設としては共用トイレ、セミナー室、共用PC、共用冷蔵庫がある。英語、中国語で応対可能で、無料朝食サービスも提供する。ペットは小型犬に限って同伴できる。


ソウル(麻浦区) , 汝矣島・永登浦・麻浦

ソウル弘益大学の近くにあるモストステイは、トレンディで感覚的なインテリアと心の行き届いたサービスで高い評価を受けている。住宅街にあるため、静かであるが、ソウル地下鉄2号線、京義中央線、空港鉄道が交差する弘大入口駅、延南洞、望遠洞などホットプレイスが近いため、都心旅行を楽しむのに良い。客室はダブルルーム、ツインルーム、デラックスツインルーム、デラックストリプルルーム、デラックスファミリールーム、女性専用バンカーベッドルームなど9室で構成されている。バンカーベッドルームは2段ベットが3つあるドミトリーで、きれいなホワイトトーンの家具と大きい窓が洗練された雰囲気を演出する。個人ロッカーに荷物を安全に保管することができ、共用トイレとは別にパウダールームもある。デラックスツインルームとデラックストリプルルーム、デラックスファミリールームには電子レンジと流し台が設置されたミニキッチンがあるため、食べ物を温めて食べることができる。全室に冷蔵庫、電気ケトル、サイドテーブル、ドレッサー、ハンガー、アメニティーグッズ、ドライヤーがあり、デイリー掃除サービスでいつも清潔なルームコンディションを維持している。予約すると6名まで送迎サービスが可能で、手荷物預かりサービス、コンシエルジュサービス、英語と中国語案内サービスも提供する。午前にはトースト、シリアル、ドリンクなどがある2階のセルフバーを無料で利用することができる。


全羅北道(茂朱郡 )

全羅北道茂朱郡九天洞の徳裕山国立公園内にあるタスプペンションでは、きれいな空気と美しい自然を満喫することができる。ペンションの前方には九天洞渓谷が流れ、背後には徳裕山があるため、季節によって変わる自然の風景が楽しめる。親切なホスト夫婦のおかげで家族のような温かい雰囲気で泊まることができる。20の客室は2~3人から最大12人まで収容できる一般ルームとペンションルームで分けられ、オンドルと洋室の中で選択できる。客室にはTV、冷蔵庫、ドレッサー、ドライヤー、アメニティを完備した。ペンションルームでは料理ができるため、家族連れにおすすめする。特に床から壁まで木で作られ、快適に泊まることができる。 屋外バーベキュー施設と共用キッチンが便利で、スキーショップ、足球場などの施設があるため、団体ワークショップなどの場所として人気が高い。冬にはスキーショップでスキー、ボード、ボードウェアのレンタルも可能。冬のレジャースポーツの名所である茂朱リゾートまでシャトルバスで移動できる。蛍ランド、ヤマブドウワイン洞窟などの観光地までは車で30分かかる。


慶尚南道(金海市 )

金海韓屋体験館は、韓国の伝統文化と韓屋の趣がそのまま感じられる韓屋ステイである。アンチェ、サランチェ、ピョルチェ、ヘンランチェ、パカッチェ、ホッカンチェ、サダンと7つの建物と2~3人部屋、4~5人部屋の13客室を保有している。アンチェ、サランチェ、ピョルチェにある客室はそれぞれの特長を持っており、好みに応じて選択できる。アンチェにある8つの客室では、古家具、座布団、状差、油皿など伝統的な小物から昔の日常がうかがえる。広いテチョンマル(板の間)は会議室としても利用できる。サランチェ客室はアンチェに比べて小さくて素朴ではあるが、ソファ-とテーブルが置かれたヌマルで外の風景を眺めながら休むことができる。金海韓屋体験館で一番古風な客室はピョルチェにあるウォルパ室とハムホ室である。客室に入ると大きい屏風に囲まれた伝統ポリョ(座るところに常に敷いておく布団)が目を引く。時代劇でよく見る昔の部屋の風景をそのまま移しておいたような雰囲気である。伝統韓屋ではあるが、全室にTV、冷蔵庫、冷房、現代式トイレがあるため、便利である。時々伝統体験プログラムを運営しており、外国人旅行者のために英語、日本語で案内サービスも提供する。


慶尚北道(高霊郡 )

生秘院は、慶尚北道高霊郡伽倻山付近の海抜400mに位置した伝統的な韓屋ペンションである。甕置き台と野花が美しい前庭、秋になると軒下に干し柿がぶら下がる風景が故郷にいるような温かい印象を与える。象鼻里渓谷のきれいな水が流れており、ペンションの近くには貯水池を一周する散策路があり、きれいな自然を楽しむことができる。窓を開けると四季がそのまま感じられる山の風景が広がり、庭にある亭からは余裕が感じられる。ペンションで使う水はすべて地下150mの岩盤水であるため、非常においしい。 ツバキ、梅、モクレン、ボタン、黄土房など、7の客室は黄土と青松韓紙で作られ、韓屋固有の美しさが感じられる。子供の頃おばあちゃんの家で見ていた木の飾りや厚い綿布団が韓屋のこぢんまりとした雰囲気を演出する。7室の中で2室はオンドルの黄土房である。真冬に温かい部屋で伝統的な韓屋のオンドル体験ができる。全室でワイファイ(WiFi・無線ラン)を無料で利用でき、各部屋には現代式のトイレ、電気ケトル、炊飯器、簡単なキッチンツールがある。黄土房は客室内部で料理ができるが、他の客室は共同キッチンとバーベキュー施設を利用する。他に、セミナー室や体験教育場として使える団体専用一戸建てペンションもある。 4代にわたって継承されている味噌、醤油などは、生秘院の自慢である。事前予約すると鍮器に丁寧に盛られた朝食を味わうことができる。韓国産豆を使って伝統方式で作った味噌などの味が一品。味噌作り、伝統飴作り、豆腐作り、韓果作り、茶道など、体験プログラムも運営している。


全羅北道(全州市 )

全州韓屋村にある韓屋へユムは、芝生の庭がある韓屋体験ペンションである。へユムは「考え」という意味のハングルで、宿泊客に新しい感じと新しい考えを伝えたいという意味で付けた名前である。木目をそのまま生かした木造建築が印象的で、大木匠と小木匠が韓屋の伝統様式を再現した。入り口の扁額は無形文化財である木彫刻の職人が彫り刻んだもので、ドア枠一つ一つにも職人の魂が注がれている。6つのオンドル部屋の内部では、天井に露出された垂木、筆文字が書かれた筆文字額、素朴な小家具、素晴らしい出来栄えの湯呑み茶碗などから韓屋の趣が感じられる。また、全室に提供されるシートマスクからホストのセンスの良さがうかがえる。全室にモダンなトイレがあり、小さい屋根裏のある部屋もある。宿泊者が女性1名の場合は、全州バスターミナルや全州駅まで送迎サービスを提供する。朝食は無料で、餠、卵、サツマイモ、果物、コーヒーなどが提供される。メニューは季節によって変わる。


京畿道(楊平郡)

京畿道楊平南漢江の川辺にある韓屋村黄土ペンションは、田舍の風景が美しい宿である。温かい印象の2階建ての韓屋と調和を成した広い芝生の庭は、子連れや団体旅行者に快適な環境を提供する。芝生の庭にはアイビーで覆われた亭と井、唐臼、板跳び、臼など、都心では見られない民俗品があり、子どもの自然学習の場として人気がある。韓屋の2階を横切る木橋がユニークで、ここで眺める野原の風景が美しい。客室はオンドルのファミリールーム、サランバン、洋室の貴賓、新婚、別館のスダバンと5室で構成されている。客室の内部は黄土と韓紙で作られ、韓屋の趣を満喫することができる。ファミリールームはファブリックソファ-や木製家具が配置された広い居間と食卓、キッチンツールのあるキッチンで構成され、団体旅行者に最適な部屋である。別館であるスダバンは、恋人、家族連れに適した客室で、居間にある黄土ファイアプレースが目を引く。ファイアプレースでジャガイモやサツマイモを焼いて食べながら特別な思い出を作ることもできる。薪はペンションで購入しなければならない。韓屋村黄土ペンションには黄土と炭を使ったチムジルバンもある。ペンションの宿泊客は無料で利用可能で、ゆっくり疲れを癒すことができる。事前予約をすると、屋外バーベキュー施設、キャンプファイヤー施設を有料で利用することができる。