更新:2022-05-20 13:20:06

豊松斎 [韓国観光品質認証] / 풍송재 [한국관광 품질인증/Korea Quality] 풍송재 [한국관광 품질인증/Korea Quality]

  • +82-10-2389-1054
  • naver.com
慶尚北道 安東市 豊川面 韓屋マウル1キル 53-4 (경북 안동시 풍천면 한옥마을1길 53-4 풍송재)

慶北・安東の豊松斎は、慶北道庁新都市の韓屋村に位置する韓屋ステイだ。館主が伝統韓屋の美しさを活かすため、奉化の良質の松の木を手配して建てた。二軒(ふたのき)とソスル大門、柱の一本一本に職人の技が感じられる。伝統美を活かしながらもバストイレは客室の中に置いて便利さを保てるよう計らった。2018年に建てた韓屋なのであらゆる施設がきれいで快適に泊まることができる。 豊松斎の門を開いて入ると、青い芝生が広がっていて、古風な韓屋の建物と垣根越しにすらっと伸びた松林が目に入る。豊松斎に一歩踏み入れると、時間を飛び越えて朝鮮時代に遡ったような雰囲気が味わえる。豊松斎の客室は全部で3つだ。豊室とサランバンは、2人が泊れる大きさだが、家族の場合4人まで予約を受け付けている。松室はカップル2人が泊まるのに最適なこぢんまりとした大きさだ。クッキングヒーター、電子レンジ、電気炊飯器、電気ポット、食器類が備えられた豊室では調理が可能だ。松室とサランバンでは調理ができない。豊松斎で最も目を惹く空間はヌマルだ。「豊かな松の木の景色が楽しめる家」という意味の豊松斎という名前も、このヌマルからの景色に由来する。ヌマルに座ると垣根越しの松林が一幅の水彩画のように広がる。豊松斎から河回村までは10分、屏山書院までは15分がかかる。

이용정보

・収容可能人数 : 10名

・チェックアウト : 16:00

・チェックアウト : 11:00

・客室内での炊事 : 不可(豊室のみ可能)

・飲食 : なし

・お問い合わせ : +82-507-1316-1054、(SMSによるお問い合わせは +82-10-2389-1054)

・駐車施設 : 可能

・ピックアップサービス : 可能

・部屋の数 : 3室

・予約案内 : 可能(+82-507-1316-1054、(SMSによるお問い合わせは +82-10-2389-1054)、https://blog.naver.com/son3062son/222089867522 )

・客室タイプ : オンドルルーム

・規模 : 敷地面積 770.25m²

クチコミ(0)

周辺情報

コキリ食堂

慶尚北道 >

様々な韓国料理が味わえる店です。慶尚北道のアンドン市に位置した韓食専門店です。おすすめはサムギョプサルです。

1150m

大邱王ポルチム

慶尚北道 >

たらの頭の蒸し物にマッククスも一緒に味わえる店です。おすすめはたらの頭の蒸し物です。慶尚北道のアンドン市に位置した韓食専門店です。

1321m

一味食堂

慶尚北道 >

安東市民もよく訪れる店です。慶尚北道のアンドン市に位置した中華専門店です。おすすめはジャージャー麺です。

1383m

居昌カルビ 道庁

慶尚北道 >

韓国式BBQが味わえる店です。おすすめは韓牛カルビです。慶尚北道のアンドン市に位置した韓食専門店です。

1457m

安東河回味噌村

慶尚北道 >

《韓国固有の味が感じられる安東河回味噌村》 安東河回味噌村は、安東市豊川面河回里にある河回村と屏山書院との分かれ道に位置しています。この村は河回仮面や柳成龍で有名なところで、味噌の深い味わいを継承し続

2184m

河回洞 仮面博物館

慶尚北道 >

安東の有名な観光地であり、1999年にイギリスのエリザベス女王が生活した場所としても有名な安東河回民俗村の入口に、1995年9月に開館した仮面の博物館です。重要無形文化財第69号である河回仮面制作芸能保有者である金

3092m

芙蓉台

慶尚北道 >

3345m

河回玉淵精舎

慶尚北道 >

3481m

安東河回村[ユネスコ世界文化遺産]

慶尚北道 >

安東河回村はとても有名な民族村です。洛東江が村を取り囲んでいてる河回村は豊山柳氏の発祥の地で、現在も村の住民の70%は柳氏です。豊山柳氏が河回村に定着したのは約600年前で、柳氏が定着する前は許氏と安氏がま

3608m

安東韓紙体験

慶尚北道 >

先人の知恵と文化を受け継ぐ「安東韓紙体験(アンドンハンジチェホム)」。韓国の伝統的な生活様式と文化が最もよく保存された河回村の入口に位置する「安東韓紙」は、韓国固有の趣と精神が息づく伝統韓紙の生産をし

3713m

安東金氏宗宅 養素堂[韓国観光品質認証](안동김씨종택 양소당[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

慶尚北道 >

安東・河回村からは離れ、むしろ安東市内方面に近い豊山里素山村(素山マウル)には安東金氏の大宗宅(本家)養素堂(ヤンソダン)があります。 名称の養素堂の由来は、素朴さと純粋さを養い、家門の気質を純粋かつ

2974m

玉淵精舎[韓国観光品質認証](옥연정사 [한국관광품질인증/Korea Quality])

慶尚北道 >

安東(アンドン)河回村・玉淵精舎(オギョンチョンサ)は西厓(ソエ)・柳成龍(リュ・ソンニョン)(1542~1607)が日ごろ親交のあった僧侶・誕弘(タンホン)の援助を受け建てたもので、学問を究め弟子を養成する所

3481m

楽古斎 安東(河回)[韓国観光品質認証](락고재 안동(하회)[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

慶尚北道 >

趣と風流があふれる草家 楽古斎 安東(アンドン)河回村を取り囲むかのように流れる洛東江(ナクトンガン)や川辺の砂地が美しい船着場の近くにある楽古斎の韓屋。楽しい「楽」、古(いにしえ)の「古」、家屋を意

3795m

北村宅

慶尚北道 >

安東(アンドン)河回村(ハフェマウル)にある北村宅(プクチョンテク)は、朝鮮時代の文臣である柳師春が1797年(朝鮮王朝・正祖21年)に小さなサランチェ(別棟)と左右翼廊を初めて建てました。その後、1862年(哲

3882m

河回北村宅 [韓国観光品質認証] (하회 북촌댁[한국관광 품질인증/Korea Quality])

慶尚北道 >

慶尚北道の安東市豊川面河回里にある河回北村宅は、民泊を運営する古家です。文臣だった柳師春(リュ・サチュン)によって正祖21年(1797年)に小さなサラン(客間)と左右の翼廊が建てられたのが始まりで、それが今

3882m

嘉藍 草燕斎[韓国観光品質認証](가람초연재[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

慶尚北道 >

周囲より少し高い場所にある舎廊チェの建物の板の間に座り、陽が昇り沈む素晴らしい風景を眺められ、またその板の間のすぐ脇にある花壇では一年を通じて季節ごとに様々な野生の花々が咲く、そんな素晴らしい場所。花

3948m