慶尚北道(慶州市 )

 慶州桜祭りツアー ソウル発着【TKGJ-C1D 】 歴史、文化、伝統が一緒にレースでの体験旅行 慶州市内。ボムンホ。仏国寺に離れる桜の旅」春風舞いパント、一緒に走り!」 春の頂点を知らせる花を見て、いつか私たちもあった「春の日」を思い出せからである。まだ準備も前早く訪れた今回の春、蜃気楼のような春の日を抱い慶州に行ってみよう。 ソウルを出発して慶州まで一日中楽しめる手頃な価格の旅行商品をお見逃しなく! 桜色に染まった街を楽しみに、慶州 へ出かけてみませんか?   Schedule Seoul departure - Gyeongju Cherry Tour【TKGJ-C1D 】 ※期間:2019年4月1日、2日、3日、4日、5日 *最少催行人数 : 6名 *最少受付人数 : 1名 *年齢制限 : 制限なし *含まれるサービス : ツアー中の車両、ガイド(英語、中国語)・入場料 *含まれないサービス : 昼食(自由昼食)、旅行者保 ※定時に出発するので、時間を守ってください。 ※遅くてもバスは待ってくれません。 ※予約確定後のキャンセルは100%のキャンセルチャージが発生します。返金は出来ませんので、ご注意下さい。 ※出発時間を過ぎますと、他のお客様にご迷惑がかかりますので、必ず時間をお守りください。 少なくとも15分前到着をお願い致します。 ※予約時に必ず現地で連絡可能な連絡先をご記入ください。 ※当日乗車しない場合でも払い戻しは不可能です。  ※1人1座席となりますので、お荷物用の座席確保はご遠慮いただいております。 ご了承ください  ※他の人に迷惑がかからぬよう、現場のガイドの指示に従ってください。 車両乗車の時間及び集合時間を必ず守ってください。 ※個人行動によりツアー全体に問題が発生した場合、責任を問われることがございます ※車両は保険に加入しています。 ただし、ツアー中、個別活動中の事故については責任を負いかねますので、ご了承ください。 ※検問所で身分証の確認が必要です。 必ずパスポートをご持参ください。 ※観光案内ガイド言語 車両ガイドの基本言語は英語で提供致します。 ※服装 : 参加者は、移動に便利な運動靴や服装をお勧め致します。 1. 06:00:弘大(ホンデ)入口駅出発(3番出口の前) (홍대역3번출구미팅)  2. 06:30:地下鉄4号線明洞(ミョンドン、Myeong-dong)駅3番出口  (명동역3번출구미팅)  3. 11:00 - 12:00 : 慶州 仏国寺[ユネスコ世界文化遺産] / Bulguksa Temple (불국사)     吐含山(745m)の中腹に位置する仏国寺(プルグクサ)と石窟庵(ソックラム)はきらびやかな新羅の仏教文化の核心で、535年に新羅の法興王(不詳~540年)が母の意に従い、国の安定のために建立しました。1920年以前には一部の建物と塔だけが荒廃したまま残っていましたが、原型復旧作業により国宝7点を持つ現在の大寺院の姿になりました。 4. 12:30 - 13:30 : Cheomseongdae / Daereungwon Tomb Complex (첨성대 / 대릉원)     ▶瞻星台 瞻星台(チョムソンデ)は東洋で現存する最も古い天文台です。 新羅 27代善德女王(A.D632-646)の時に作られた天文台で、空に現れる日を観測して星の位置を知るために作られました。直線と曲線が調和している石造建築物で1962年12月20日に国宝第31号に指定されました。 ▶大陵苑(天馬塚) 韓国のピラミッド・大陵苑(テヌンウォン) 大陵苑は新羅王朝の王や貴族の大規模な古墳群。広さ12万坪の敷地に23基の古墳が集まっていますが、目に見えない地下の古墳まで合わせるとその数は200基に上るとされています。これらの中で最も有名なのは天馬塚と皇南大塚です。 天馬塚(チョンマチョン) という名前は1970年代に発掘された時に天に登る馬の姿が描かれた絵が見つかったため付けられたもの。1500年前古新羅時代唯一の絵画として大変貴重なもので、大陵苑の中で唯一内部を公開しています。内部には11,526点の文化財と王冠が復元されており古代の王の華やかな生活の様子を窺い知ることが出来ます。 5. 13:30 - 14:30 : 自由昼食 / Lunch (Not provided) (점심 자유식) 6. 15:00 - 16:00 : 普門湖 / Bomunho Lake (보문호)      慶州普門観光団地の開発計画により、慶州市の東にある明活山の城跡につくられた50万坪規模の人工湖で、周囲には国際的規模のホテルや慶州ワールドなどの各種娯楽施設や公園施設が整えられています。普門湖は山道と自転車道が整備されており、ハイキングコースとしても人気があります。また、慶州では特定の場所だけに桜が咲いているのではなく、市内全体が桜で覆いつくされているのが特徴です。見渡す限り桜いっぱいの街ですが、その中でも特に普門湖は桜が美しいところです。風が吹けば花房が舞い落ち、こんこんと降り積もる雪を思わせます。こんな風景の中、桜の季節である4月には慶州桜マラソン大会も開催されます。 7. 20:00 : 地下鉄4号線明洞(ミョンドン、Myeong-dong)駅3番出口到着(명동역3번출구하차) ※Cancellation policy: non-refundable ★Included 1. Admission tickets 3. Driver tips  4. Fuel / parking fee ★Not included 1. Personal expenses 2. Travel insurance 3. Meal fee  



11,200 5,510JPY 今すぐ予約
慶尚北道(慶州市 )

慶州は新羅千年の古都、ユネスコで指定された世界的な歴史都市、どこを掘っても新羅時代の遺物が出土される場所として有名です。文化遺産の調査をしながら遠足気分を味わうことができるのが慶州ワールドです。大規模の娯楽施設として開発された慶州ワールドは慶州普門団地内の普門湖にあります。現在、体育館、そりすべり場、プール、サッカー場などの体育施設とラフティング施設であるクランドキャニア大探検をはじめとしたバイキング、青龍列車など26種類の乗り物とゲームセンターを兼ね備えています。* 規模 - 264,464㎡ (80,000坪)


慶尚北道(慶州市 )

概 要  皇南パンの生みの親、故チェ・ヨンファ(1917~1995年)氏は、家で先祖代々、あずきを使ってご飯を炊いたりお餅をこしらえていたことからヒントを得てパンを開発しました。1939年から販売をはじめ、慶州皇南洞を発祥地とするため「皇南パン」と呼ばれるようになったもので、現在は、チェ氏の次男であるチェ・サンウン氏がその秘法を受け継ぎ、お店を運営しています。皇南パンが慶州を代表する特産品になれたのは、チェ氏の真面目な生き方と職人魂があったからこそです。 皇南パンには、100%韓国産の赤あずきを使用しており、化学調味料、甘味料、防腐剤などは一切入っていない他、蒸さずに焼き上げるため、あずき本来の香りと甘みを引き立たせています。特許登録された商品で、称号およびパンの形にも固有の特性を持っており、独自の味を守り続けるため、今でも全て手作業で作られています。 管理者  皇南パン TEL  +82-54-749-7000 休業日  ソルラル(旧暦1月1日)、秋夕(旧暦8月15日)連休(要確認) 営業時間  8:00~23:00 メニュー  価格は事前の予告なく変更になる場合があります 皇南パン ※メニューはお店の事情で変更されることがあります  ※価格はお店に直接お問い合わせください 外国人お勧めメニュー  皇南パン 駐車施設  あり トイレ  男女別トイレが店内あり クレジットカード決済  可 予約案内  団体注文は電話で予約可(4時間前+82-54-749-7000) 外国語案内サービス  英語、日本語パンフレットあり 参照事項  ※営業時間・休業日は変更されることがありますので、お問い合わせのうえお出かけください ※全国宅配注文可能(電話・店舗訪問・インターネット) 禁煙 / 喫煙  全席禁煙    


慶尚北道(清道郡 )

慶尚北道清道郡松金里に2006年にオープンした「ワイントンネル(Wine Tunnel)」は柿で作った世界最初に柿ワインの熟成倉庫として活用されています。 ワイントンネルは清道地域の特産物である種のない柿を熟成、醗酵させて作った柿ワインの熟成倉庫として活用されているだけではなく、試飲やワインに関しての展示及び販売場などもあります。また、柿ワイン作りの体験や柿狩り体験など多様なイベントも通した文化芸術空間として家族連れやカップル、友人達と特別な思い出を作ることができる異色テーマ観光地としてとても人気のある場所です。 このトンネルは高い山の中腹に位置し、1年中内部の温度15度、湿度60~70%を維持しており、ワインの熟成を熟成させるためのとても良い条件がそろっています。      


慶尚北道(安東市 )

マンモス製菓は『ミシュラン・グリーンガイド』や『ロンリープラネット』にも紹介された1974年創業のベーカリーです。クリームチーズパンや柚パウンドケーキが一番人気で、その他、高品質な材料を使ったケーキや発酵種を使ったヨーロッパ風のパン、スイーツギフトなどを販売しています。  


慶尚北道(慶州市 )


慶尚北道(慶州市 )


慶尚北道(慶州市 )

「慶州東宮と月池」は新羅の王宮の別宮跡です。他の付属建物とともに王子が居住する場所として使用され、国の慶事があるときや貴賓をもてなすときにここで宴会を行ったといわれています。新羅の敬順(キョンスン)王が甄萱(キョンフォン)に侵入された際、931年に高麗の王建(ワンゴン)を招いて危機を訴え、宴を催したところでもあります。新羅は三国を統一後、674年に臨海殿(イムヘジョン)辺りに大きな池を掘り、池に島や山を造って植物を植え、珍しい鳥や動物を飼っていたと伝えられています。高麗時代の『三国史記』には臨海殿のみが記録されており、月池については言及されていません。朝鮮時代の『東国輿地勝覧』に「雁鴨池の西には臨海殿がある」と記録されており、現在の位置を月池と推定しています。臨海殿址(イムヘジョント)の池の周辺では、1975年に浚渫を兼ねた発掘調査で回廊址(ファランジ)を始めとした26の建物跡が確認されました。臨海殿と推定されるところを含めた3つの新羅の建物跡と月池を1980年に復元し、今日に至っています。ここで出土した多くの遺物の中で、宝相華(ポサンファ)の模様が刻まれたレンガには「調露2年(680年)」という文字が刻まれており、臨海殿が文武(ムンム)王のときに作られたことを裏付けています。平鉢や皿も多く出土し、新羅の墓から出土するものとは異なるため、実際の生活で使用されていたものとみられています。臨海殿は別宮に属する建物ですが、その比重は大変大きかったものとみられています。月池は新羅の苑池を代表する遺跡で、池は湾曲した形をしています。これは狭い池を広く感じさせるように工夫されたもので、新羅の人々の知恵が感じられます。※文化財庁では2011年に史跡第18号の「慶州雁鴨池(キョンジュ・アナプチ)と臨海殿址(イムヘジョント)」を「慶州東宮(キョンジュ・トングン)と月池(ウォルジ)」に名称変更しました。臨海殿は東宮に属するひとつの建物であったため、全体を表す東宮に変更。また、雁鴨池は朝鮮時代に付けられた名称でしたが、出土した遺物より、新羅時代には月池と呼ばれていたことが確認されました。


慶尚北道(慶州市 )

新羅(BC 57-935年)をテーマにしたさまざまな公演や新羅時代の貴族村、ガイドの方が聞かせてくれる面白い新羅話、工芸体験などを楽しむことができます。特に、ミレニアムパーク内に慶州地域初のドラマ「善徳女王」の野外オープンセット場を造成し、慶州を訪れる観光客に新しい見どころを提供しています。この他にもドラマ「花より男子」で、ユン・ジフの家として登場した「羅宮」という韓屋ホテルもあります。客室の等級に従いスイート韓屋やロイヤルスイート韓屋からなり、韓屋に足を踏み入れると庭や独立した露天風呂などがあり、観光客に観覧後、また違った楽しさと安らぎを与えてくれます。


慶尚北道(慶州市 )