5.0/1
忠清南道(扶余郡 )

「扶余薯童蓮祭り(プヨ・ソドン・ヨンコッチュッチェ)」は蓮の花をテーマに、自然の美しさを知らせ野生で咲く花の大切さを考えてみる祭りです。蓮の花と関連した体験および展示イベントが準備されており、特に「紙で蓮の花作り」や「蓮の花石鹸作り」が観光客に人気です。祭り会場周辺には百済(BC18~AD660)の文化遺跡地である王陵苑や落花岩、歴史文化館など多様な観光名所があり、祭りと一緒に訪れてみるのも良いでしょう。


京畿道(加平郡) , 南楊州

アチムゴヨ樹木園は、韓国の美しさをアピールし、樹木園や植物園の良さを広く知ってもらうことを目的に作られた韓国を代表する樹木園です。美しい韓国の自然が広がり、5000種類以上の植物が色とりどりの顔を見せる楽園「アチムゴヨ樹木園」で繰り広げられる春祭りが今始まります。春になると、花をテーマにした展示会が全国各地で開かれますが、アチムゴヨの花祭りの美しさは随一。鬱蒼とした松の木の森にある自然の散策路やたくさんの花が咲く330,000㎡(10万坪)の花壇まで、園内の随所に自然の美が感じられるアチムゴヨ樹木園。すでに年間70万人以上の韓国客が訪れるまでとなり、幅広い世代に愛されています。華やかな花がパノラマのように続き、各種展示会や教育体験プログラム、文化行事が行われ、春の訪れを体いっぱいに感じることができます。


江原道(江陵市)

毎年4月初旬に開催される「鏡浦台桜祭り」は、江陵市を代表するお祭りで、 国内外からたくさんの観光客が訪れる人気のお祭りです。鏡浦台(江原道有形文化財第6号)のすぐ横にある周囲4.3㎞の鏡浦湖でお祭りが繰り広げられ、桜の他にも水仙やレンギョウなどの花でいっぱいになります。 


ソウル(中区) , 市庁・光化門

韓国の伝統叙事詩2つのお話の内容を盛り込んだ朝鮮時代の王宮で繰り広げられるお話ですカラフルなお花♪ 古宮内で1番美しく踊りも可憐な主人公曙蓮(ソリョン)の美しい舞いをぜひご覧くださいはーと   こちらの公演は韓国伝統公演となり、衣装から音楽、踊りまで全て韓国伝統にこだわった舞台となっていますきらきら華やかな舞台になることご期待ください花 韓国舞踊の神髄と出会う〈蓮(れん)、もう一度咲く花〉! 花が咲く春に散策した貞洞ギルで出会う貞洞劇場は韓国最初の劇場”円覚社”の復興という歴史的意味があります。貞洞劇場は古典を舞台化した伝統公演を披露し、観客の皆様たちへ韓国伝統公演についての理解をしてもらう為に良い作品をたくさん創作してきました。     特に2017年4月6日に開幕した〈蓮(れん)、もう一度咲く花〉は韓国伝統の説話と舞踊をコラボレーションさせたことでさらにかっこよく、美しく作られた韓国伝統舞踊劇です。 〈蓮(れん)、もう一度咲く花〉は2つの韓国伝統説話の内容を合わせて新しく再創作され、伝統舞踊劇を通じて私たちに真実の愛についてのメッセージを伝えています。 まず〈ドミ夫人〉は三国時代の説話で百済の王が身分の低いドミの夫人に心を奪われて、結局夫と別れさせようとしましたが、ドミ夫人の勇気と夫婦のお互いへの愛を再確認して王の要求を断る話です。 またもう一つの説話は〈イゴンブンプリ〉というチェジュの巫女から伝わる話で、雇い主に仕えながらも亡くなったウォンガンアンという女性をその夫と息子が一緒に花畑で蘇生を願って、花として生き返るを話を合わせて〈蓮(れん)、もう一度咲く花〉が誕生したということです。         〈蓮、もう一度咲く花〉の舞台演出家、振付師キム・チュハン氏インタビュー! Q1:公演名〈蓮、もう一度咲く花〉についてと公演のコンセプトを教えてください。 A1:まず公演名の蓮は主人公であるソリョン(曙蓮)の名前から来ています。また韓国の古い小説2つをモチーフに創作した舞台です。主人公のソリョン、将軍のトダムそして王の三人がメインキャラクーでその中で繰り広げられる三角関係、愛や憎しみなどといった気持ちの葛藤を描いています。 Q2:もう一度咲く花という副題がついてる理由は何ですか? A2:私はこの作品を通じて2つのことをお伝えしたいと思っています。このストーリーの中には絶対権力を持ってる王がいますが、今の時代とあまり違いはないと思います。現代の人々も力の強いものに、耐えながら傷を負うことも多いと思います。その中でソリョンが再び生き返ることを通じ、生きることの美しさ、さらに悲しみだったり不安だったり表現できたらと思っています。そして王にも屈せず立ち向かうソリョンの美しい愛を感じていただけたらと思います。 Q3:それでは作品の中で愛とはどのようにものですか? A3:愛といってもそれはただ単な1つの感情というものではないと考えます。愛の中には悲しみ、嬉しさ、切なさなど色々な感情が愛の中にあります。ソリョンの愛を通じて色々な愛の形を表現しています。 Q4:演出家としてソリョンのキャラクターをどのように考えますか? A4:ソリョンは王宮の中で一番上手な踊り手の役です。芸術的にも卓越してる人物です。ソリョンを通じて韓国伝統芸術の素晴らしさを全て表現できると確信しています。 Q5:演出家と振付を両方をされてますがいかがですか? A5:演出家としては10年ちょっとですが、普通舞台演出家の多くは舞踊劇をたくさん演出しています。〈蓮、もう一度咲く花〉では舞台の主な表現する要素が韓国舞踊を通してなので、舞踊劇のようなシーンを完成させることで作品自体の完成度が高くなると思い努力しています。〈蓮、もう一度咲く花〉でも私ならではの演出をお見せできればと思っています。  


慶尚北道(慶州市 )


京畿道(果川市) , ソウル大公園

ソウルランドでは11月21日(土)から12月27日(日)まで冬のお祭り「クリスマスパーティー」が開催中です。幻想的なマジックショーとクリスマス特別公演など、誰もが楽しむことのできる多様なクリスマスイベントが行われています。冒険の国のステージでは家族ミューカルの公演とクリスマスマジックショーを見ることができます。赤い風車のエリアではライトファンタジーショーが行われています。この他に多様なクリスマスパーティーイベントが準備されています。    


慶尚北道(安東市 )

重要無形文化財第69号の河回別神クッタルノリ(河回タルチュム/仮面劇)常設公演は、1997年から始まりました。この常設公演は、驚異的な記録で国内だけでなく外国人を含め多く人から愛されている最高の伝統文化公演です。何よりも安東国際仮面劇フェスティバルの短い歴史にも関わらず、6年連続で全国最優秀祭りとして2年連続選定され、2008年と2009年には韓国を代表する大韓民国代表祭りに2年連続で選ばれるなど、世界優秀の祭りと肩を並べるほどになりました。 常設公演では、仮面ノリ全体で10あるマダンのうち、 降神、堂祭、婚礼、新房マダンを除いた6つのマダン(チュジ、白丁、婆さん、破戒僧、両班、ソンビマダン)を無料で観覧でき、公演後には公演団と観客がいっしょに神明を解き、フィナーレにはハンマダンとなります。


ソウル(麻浦区)

ススキが見ごろを迎える10月、ワールドカップ公園内のハヌル公園では色とりどりの照明に照らし出されたススキ畑とソウルの夜景を鑑賞できるススキフェスティバルが開催されます。生態公園であることから野生の動植物の保護のために夜間の出入りが統制されているハヌル公園を夜間開放し、日ごろの生活に疲れた都市民に銀色に輝くススキ畑を歩きながらリフレッシュする機会を提供してくれます。ソウル ススキフェスティバルは自然に優しい空間で、老若男女誰でも一緒に楽しめる公演や特別イベントを五感で感じることができる躍動感あふれるソウルを代表する文化イベントです。ハヌル公園のススキ畑で秋を満喫するのにはオススメのお祭りです。


京畿道(高陽市) , 一山

高陽花博覧会は一山湖水公園内で開催されます。今回のイベントはガーデニングの新技術と新品種を見ることのできるガーデニング貿易専門博覧会として、新しい展示方法や空間演出で幻想的な春を楽しめます。特に、海外35ヶ国から、320の関連機関、業社、団体が参加し、普段は見ることのできない珍しい品種が展示される予定です。今回のイベントでは開幕式を始めとして様々な花の展示、ガーデニングの講義やセミナー、生花コンテストなどが行われます。


忠清南道(泰安郡 )

春のうららかな日、雑踏とした都心から抜け出してチューリップを観賞して余裕を感じ、泰安の美しい海とおいしい料理で楽しい旅行ができることでしょう。また、日没後にはLEDでライトアップされた華麗な光の世界が待っています。家族や恋人、友達同士で楽しい思い出を作ることができます。