更新:2016-04-10 15:13:24

大清湖 대청호

  • +82-42-930-7241~2
  • daedeok.go.kr
大田広域市 大徳区 美浦洞一帯

大田広域市と忠清北道清原郡・沃川郡・報恩郡にまたがる人造湖の大清湖(テチョンホ)は、1975年に着工、1980年に工事が完了しました。大清湖は、大田、清州地域の大切な水の供給源となっています。貯水面積72.8㎢、全長80km、貯水量15億tで、韓国で3番目に規模の大きい湖です。また、湖の周辺はドライブコースとしても知られています。

大清湖の展望台に上がると、周辺の景色を一望することができ、1998年にオープンした大清ダム水文化館には、立体映像館や水族館などが備わっています。また、周辺にある錦江遊園地、長溪觀光地(大清ビーチランド)、文義文化財団地などがあり、合わせて観光してみるのも良いでしょう。

利用情報

・体験のご案内 : 大清湖体験 水サラン環境教育 - (社)大清湖保全運動本部が企画し、大清湖解説士が進行する体験学習

・お問い合わせ : 大清ダム水文化館 +82-42-930-7332
大田総合観光案内センター +82-42-861-1330

入場料

無料

交通

* 列車 - 京釜線を利用し「新灘津(シンタンジン)駅」で下車し約7km
* バス - 1) 大田駅から新灘津まで - 701番、720番、724番の市内バスを利用
2) 新灘津から大清湖まで - 722番、723番の市内バスを利用

大田広域市 大徳区 美浦洞一帯


クチコミ(0)

周辺情報

大清ダム水文化館

大田広域市 >

水の大切さを伝える "大清ダム水文化館"大清ダム水文化館は、大田広域市大徳区渼湖洞の大清ダムに位置する水をテーマにした文化空間で、水資源に対する関心と興味を誘発させ、水文化に対する認識を高めるために韓国水

2373m