更新:2017-01-15 22:32:38

康津高麗青磁窯址 강진 고려청자 요지

  • celadon.go.kr
全羅南道 康津郡 (전남 강진군 대구면 일대)

康津郡大口面一帯は韓国の中世美術を代表する高麗青磁の生産地です。1963年に史跡第68号に指定された高麗青磁陶窯址は9世紀から14世紀までの約500年間、青磁を生産していた場所で9つの村に約180ヶ所に窯があり、18万余坪を文化財保護区域として指定して管理しています。
高麗時代に青磁を生産していた場所として康津と扶安などがありますが、全国的に現在まで発見された400余基の昔の窯の大部分は康津にあります。その中でも沙堂里は製作技術の絶頂期にいたる時期に青磁を生産していた地域で、韓国の国宝や宝物として指定されている青磁の80%遺産がここで生産されたほど、この技法の優秀性と芸術的価値は世界的に認められており、フランスのルーブル美術館にも保管されています。

이용정보

・お問い合わせ : 康津青磁博物館 +82-61-430-3755

交通

康津邑から馬良行きの郡内バスを利用、大口面沙堂里陶窯址で下車、1日31本運行、所要時間30分(始発5:55、最終20:40)

全羅南道 康津郡


クチコミ(0)

周辺情報

康津耽津青磁 [韓国観光品質認証]

全羅南道 >

康津耽津青磁は、康津青磁名人第1号で、全羅南道工芸名匠第3号キム・ギョンジンのギャラリーで、青磁ショップを兼ねています。名匠キム・ギョンジンは、無形文化財第5号の青磁技能保有者チョ・ギジョンの弟子として康

291m

康津 高麗青磁博物館

全羅南道 >

高麗青磁博物館は、康津高麗青磁窯址(国家史跡第68号)や高麗青磁を文化遺産として体系的に保存・継承するため、1997年に開館されました。さまざまな展示や教育プログラムを展開し、高麗青磁研究のメッカとしての役割

140m

駕牛島

全羅南道 >

「駕牛島(カウド)」は、康津湾にある8つの島のうち唯一人が住んでいる島です。康津郡大口面と道岩面とは海上歩道橋で繋がっている他、海岸線に沿って設けられた探訪路「ハムケ海(へ)キル」は山と海を見ながら歩

3446m