更新:2017-01-03 19:44:55

益山双陵 익산 쌍릉

  • +82-63-859-5796
  • iksan.go.kr
全羅北道益山市石旺洞 (전라북도 익산시 석왕동 산56 (석왕동))

益山双陵(イクサンサンヌン)は全羅北道益山市に位置する墓で、史跡第87号に指定されています。2基の墓が南北に約150mの間を空けて位置しており、双陵と呼ばれています。規模が大きく、北側にある陵は「末通大王陵」または「大王墓」と呼ばれており、少し小さめの陵は「小王墓」と呼ばれています。ここに葬られているのは百済の王であった武王とその妃である善花姫であると推測されています。

<双陵の規模>
発掘当時は高さ3.1mでしたが、現在は補修され、大王墓は高さ5m・直径30m、小王墓は高さ3.5m・直径24mとなっています。

利用情報

・お問い合わせ : 文化観光課 +82-63-859-5778






韓国旅行情報のすべて : トリップポーズ   http://www.trippose.com
South Korea travel tips and articles : TRIP-PROPOSE      http://en.trippose.com
韩国旅游提示和文章 : TRIP-PROPOSE       http://cn.trippose.com
韓國旅遊提示和文章 : TRIP-PROPOSE       http://tw.trippose.com  /  http://hk.trippose.com

 

仁川グリーター(Incheon Greeters ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎)
地元の人と無料の個人ウォーキングツアー

 ゲストとして来て、友達として思い出を残しましょう!
※グリーターは世界的な非営利団体です。
※世界中の目的地は、訪れる人のために地元の人と個人的なプライベートウォークを提供しています。
※グリーツと呼ばれる私たちの街の散策は、チップなしで完全に無料です。

おすすめ韓国人気クーポン情報

交通

全羅北道益山市石旺洞


クチコミ(0)

周辺情報

王宮里五重石塔

全羅北道 >

王宮里五重石塔(ワングンニ・オチュンソッタプ)は馬韓時代の都として知られる益山(イクサン)の王宮面から南に2㎞ほど離れた丘に位置している石塔です。高さは約8.5mで、国宝第289号に指定されています。この石塔か

2062m

益山王宮里遺跡 [ユネスコ世界文化遺産]

全羅北道 >

1989年から20年間、王宮里遺跡(ワングンニユジョク)の発掘調査を行った結果、百済の武王の代に王宮として建築され、使用されていましたが、後に王宮の重要建築は取り壊され、その場所に寺院が建てられたことが確認さ

2139m

古都里石仏立像

全羅北道 >

宝物第46号に指定されている古都里石仏立像(コドリソップルイプサン)は、約200mの距離を置いて2体の石像が向かい合っています。それぞれ高さ424㎝で、台形の石柱に顔や手などが描かれています。この仏像には説話があ

3196m

薯童公園

全羅北道 >

益山市金馬面東古都里と新龍里一帯に位置する彫刻公園で、面積は132,000㎡ほどあり、2004年に完工しました。韓国の有名彫刻家の作品が68点展示されており、三韓時代の部族国家であった馬韓の生活像が一目で見られる馬韓

3213m

益山弥勒寺址 [ユネスコ世界文化遺産]

全羅北道 >

* 百済最大の伽藍、弥勒寺址 *百済最大の寺院である弥勒寺(ミルクサ)創建については「三国遺事」に詳しく記録されています。新羅の善花(ソノァ)王女と婚姻し、王になった武王(ムワン 百済第30代王 600-641)が善花王

3484m

弥勒寺址 遺物展示館

全羅北道 >

1997年にオープンした弥勒寺址遺物展示館は百済文化を究明するために設立されました。この展示館では百済最大の寺院であった弥勒寺址(史跡第150号)から出土した遺物を展示・保存しています。所蔵遺物は19200点余りに及

3539m