更新:2016-04-13 19:04:11

百済観光ホテル 백제관광호텔

  • +82-41-835-0870~1
忠清南道 扶余郡 扶余邑 プクポ路 108

百済観光ホテルは、扶余の中心にあり、自然に囲まれた最適な環境が人気のホテルです。230名が同時に宿泊できる客室や、大宴会場、ウエディングホールまで、各種施設から便宜設備までが充実しており、レジャーや観光、ビジネスにも最適です。高級感と安らぎの両方が備わったインテリアとサービスでゆっくりおくつろぎください。

이용정보

・チェックアウト : 13:00

・チェックアウト : 12:00

・客室内での炊事 : 不可

・飲食 : コーヒーショップ、レストラン、メンバーシップバー

・お問い合わせ : +82-41-835-0870~1

・部屋の数 : 40室

・予約案内 : +82-41-835-0870~1

・客室タイプ : ロイヤルスイート、オンドル特室、デラックスオンドル、ツイン、スーペリアダブル

・付帯施設 : 結婚式場、大宴会場、野外ガーデン

交通

東ソウル総合バスターミナル⇒扶余市外バスターミナル
扶余女子中学校裏手にあり

忠清南道 扶余郡 扶余邑 プクポ路 108


クチコミ(0)

周辺情報

クドゥレトルサムパプ

忠清南道 >

新羅の古都扶余のクドゥレ観光団地の入口近くに位置する食堂で、昔の建物を利用した古風な作りになっています。サムパプ(包みご飯)に使する野菜は、契約農家から仕入れた無農薬野菜を使用しており、珍しい種類の薬

1347m

百済香

忠清南道 >

忠清南道扶余郡扶余邑に位置する百済香は、蓮の葉ご飯(ヨンニプパプ)とタニシの包みご飯(ウロンサンバプ)の専門店です。蓮の葉ご飯に使われる蓮の葉は、無農薬で直接栽培しています。人気メニューの蓮の葉ご飯定

2024m

扶余ロッテアウトレット

忠清南道 >

扶余ロッテアウトレットは百済の自然、文化、芸術そしてレジャー、ショッピングが一堂に会する複合ショッピングテーマパークで伝統と現代がマッチしたスペースをコンセプトにつくられました。 ファミリー向けのイタ

2184m

官北里遺跡と扶蘇山城[ユネスコ世界文化遺産]

忠清南道 >

 百済文化の宝庫、扶蘇山と扶蘇山城扶余の市街地の北側に紺碧の林が続く海抜106mの低い扶蘇山が一番最初に目に留まります。扶蘇山には数多くの百済の女性達が花びらが散っていくかのように自らの死で節義を守った落花

359m

皐蘭寺(皐蘭薬水)

忠清南道 >

落花岩を屏風のように映し出している白馬江の川岸に位置している皐蘭寺(コランサ)は、百済末期に建てられたものと推定されています。百済の王たちが休息を取るための東屋だったという人もいれば、百済が滅亡すると

818m

落花岩

忠清南道 >

扶余の白馬江を見下ろすように高くそびえたっている岩の絶壁が落花岩(ナックァアム)です。落花岩は百済が新羅と唐の連合軍に陥落した時、百済の三千宮女がまるで一片の葉のように白馬江の下に身を投げたという伝説で

849m

白馬江レジャーパーク

忠清南道 >

白馬江(ペンマガン)レジャーパークは忠清南道 扶余(プヨ)郡に位置する総合レジャーパークで、四季を通してキャンプが楽しめるキャラバン施設と水上レジャー施設を備えています。水上スキー、ウェイクボードに加

1283m

クドゥレ彫刻公園

忠清南道 >

*大王国の意味が込められたクドゥレ彫刻公園*扶蘇山の西のふもとにあるクドゥレは白馬江と調和のとれた優れた景勝をなし、彫刻公園が整っていて、たくさんの人が訪れる安らぎの空間となっています。クドゥレナルは百

1453m

扶余定林寺址・定林寺址五層石塔[ユネスコ世界文化遺産]

忠清南道 >

扶余・定林寺(チョンリムサ)は6世紀の中頃に建てられ、百済が滅亡する時まで栄えていた寺です。境内には、定林寺址五重石塔が1400余年の月日を越え、素朴な美しさを大切に保っています。この定林寺址五重石塔は、益

1565m

定林寺址博物館

忠清南道 >

定林寺址博物館(チョンニムサジパンムルグァン)は、1998年の建立基本計画を皮切りに総150億ウォンの予算を費やして建てられた、地下1階、地上1階、総3,305m²の博物館です。韓国と日本の仏教の始まりとしての意味を持

1652m

百済園

忠清南道 >

「百済園(ペクチェウォン)」は小規模ながらも、植物を特性に合わせて集約するとともに芸術作品とした扶余で唯一の植物園と、植物・農業資料、扶余に関する資料、近代生活史資料、映画関連資料、音楽関連資料など、

1690m

国立扶余博物館

忠清南道 >

  扶余の文化を一目で見ることができる国立扶余博物館扶余市内の東南、錦城山の麓にある国立扶余博物館は1929年に財団法人「扶余古跡保存会」が発足した百済の文化財、遺物を集めた博物館です。1939年は「朝鮮総督府博

1739m

モーテルミラボ[優秀宿泊施設]

忠清南道 >

忠清南道扶余郡のモーテルミラボは教科書の中に出てくる名所が立ち並ぶ。付与定林寺址は国宝第9号として広く知られており、武寧王陵では百済の息吹を感じることができる。 階伯将軍の遺跡地では階伯将軍の気概を感じ

1745m

アリランモーテル[優秀宿泊施設]

忠清南道 >

忠清南道扶余郡のアリランモーテルはかつて百済の歴史の都市である扶余の中心に位置しています。扶余は歴史的特徴から博物館が多く、扶余市内に位置しているアリランモーテルは交通の便が良く、ホテル周辺には扶余で

1747m

ロッテ扶余リゾート

忠清南道 >

「ロッテ扶余リゾート」は、敷地100万坪に文化と歴史体験、癒しと休養、スポーツとエンターテイメントなどファミリーで楽しめるテーマリゾートです。 環境の面から既存の扶余や近隣の公州地域に残された百済遺跡地に

2358m