更新:2016-04-12 22:36:27

益山弥勒寺址 [ユネスコ世界文化遺産] 익산 미륵사지 [유네스코 세계문화유산]

  • +82-63-290-6799
  • gojb.net
全羅北道 益山市 金馬面 弥勒寺址路362

* 百済最大の伽藍、弥勒寺址 *

百済最大の寺院である弥勒寺(ミルクサ)創建については「三国遺事」に詳しく記録されています。新羅の善花(ソノァ)王女と婚姻し、王になった武王(ムワン 百済第30代王 600-641)が善花王女とともに龍華山(ヨンファサン 現在の弥勒山)の獅子寺(サジャサ)の知命法師を訪ねて行く途中のことでした。突然、池の中から弥勒三尊が現れ、これを機に弥勒寺を創建することになったのです。三尊のために殿(金堂)、塔、廊(花郎) を建てたとされています。これとは別に弥勒寺の創建には武王と善花王女の信仰だけではなく政治的な目的があったとの見解もあります。つまり、百済の国力を拡張させるため馬韓勢力の中心であったこの場所、金馬に弥勒寺を建てたと推測されています。

百済最大の寺院である弥勒寺を建てるにあたり、当時の百済の建築・工芸など各種文化の最高水準が発揮されていることばかりでなく、新羅の真平王が百工(職人)を送ったと三国遺事に記録されています。これは当時、三国の技術が終結されたことを意味します。弥勒寺が百済仏教で弥勒信仰の求心点があったことははっきりしていて、新羅最大の寺院である皇龍寺が華岩思想の求心点であったことと対比します。皇龍寺が一塔三金堂式で、弥勒寺は三塔三金堂式の寺院配置です。皇龍寺は王を頂点にした華岩思想、弥勒寺は弥勒思想を寺院に具現化しています。弥勒寺は一般平民 ・大衆まで龍華世上に引導するという弥勒信仰が基盤となっています。

利用情報

・世界文化遺産 : O

・お問い合わせ : 弥勒寺址遺物展示館 +82-63-290-6799

・休みの日 : O

外国語案内サービス

日本語案内員が常駐、日本語のパンフレットあり






韓国旅行情報のすべて : トリップポーズ   http://www.trippose.com
South Korea travel tips and articles : TRIP-PROPOSE      http://en.trippose.com
韩国旅游提示和文章 : TRIP-PROPOSE       http://cn.trippose.com
韓國旅遊提示和文章 : TRIP-PROPOSE       http://tw.trippose.com  /  http://hk.trippose.com

 

仁川グリーター(Incheon Greeters ‎‎‎‎‎‎‎‎‎‎)
地元の人と無料の個人ウォーキングツアー

 ゲストとして来て、友達として思い出を残しましょう!
※グリーターは世界的な非営利団体です。
※世界中の目的地は、訪れる人のために地元の人と個人的なプライベートウォークを提供しています。
※グリーツと呼ばれる私たちの街の散策は、チップなしで完全に無料です。

おすすめ韓国人気クーポン情報

交通

* 益山駅から
市内バス41、60番を利用し、「弥勒寺址」停留所で下車(バス運行間隔約40分)

* 全州公用バスターミナルから
金馬行きの直行バスが30分間隔で運行
金馬から市内バス41、60番を利用し、「弥勒寺址」停留所で下車(10分所要)
金馬から弥勒寺址まではタクシーで約5分

全羅北道 益山市 金馬面 弥勒寺址路362


クチコミ(0)

周辺情報

弥勒寺址 遺物展示館

全羅北道 >

1997年にオープンした弥勒寺址遺物展示館は百済文化を究明するために設立されました。この展示館では百済最大の寺院であった弥勒寺址(史跡第150号)から出土した遺物を展示・保存しています。所蔵遺物は19200点余りに及

139m

薯童公園

全羅北道 >

益山市金馬面東古都里と新龍里一帯に位置する彫刻公園で、面積は132,000㎡ほどあり、2004年に完工しました。韓国の有名彫刻家の作品が68点展示されており、三韓時代の部族国家であった馬韓の生活像が一目で見られる馬韓

2691m

古都里石仏立像

全羅北道 >

宝物第46号に指定されている古都里石仏立像(コドリソップルイプサン)は、約200mの距離を置いて2体の石像が向かい合っています。それぞれ高さ424㎝で、台形の石柱に顔や手などが描かれています。この仏像には説話があ

3234m

益山双陵

全羅北道 >

益山双陵(イクサンサンヌン)は全羅北道益山市に位置する墓で、史跡第87号に指定されています。2基の墓が南北に約150mの間を空けて位置しており、双陵と呼ばれています。規模が大きく、北側にある陵は「末通大王陵」

3484m